糖尿病に効果的な食事|パクパク食べて規則正しいリズム

笑顔

ブッフェで豊かな食生活

笑顔

ブッフェレストランの利用

腎臓病になってしまうと食事療法を指導されることになり、その腎機能の低下の度合いに応じてタンパク質、カロリー、塩分、水分などに制限を受けることになります。そういった人にとって毎日の食事をうまく食事療法の指導に合わせたものにしていくのは大変なことであり、献立も同じものになってしまいがちになります。しかし、腎臓病と長い間付き合っていかなければならないことを考えると食生活を豊かなものにするという考え方も大切です。その工夫の一つとしてブッフェレストランをときどき利用すると良いでしょう。豊富なメニューから好きなものを好きな量だけ食べられるのがメリットであり、指導された内容に合った範囲で好きなようにおいしいものを食べられるでしょう。

ブッフェ利用時の注意

食事療法を行っている腎臓病患者がブッフェレストランを利用するのは食生活を豊かにする上ではとても役に立ちます。しかし、注意する必要があるのは、食べ過ぎです。食事療法のために制限食を普段から食べていると、それがあまりおいしくないと感じるようになってしまいがちです。そこでブッフェレストランに行っておいしいものを口にしてしまうと、食事制限のことを忘れて食べ過ぎてしまいがちになります。その結果として腎臓病を悪くしてしまったり、別の自覚症状がでてきて苦しむことになってしまっては元も子もありません。あくまで自分を律するという気持ちを保つことが必要であり、食べ過ぎを防止するために定期的に通ってその味に慣れるということも大切です。